ノーニードルメソセラピー




ノーニードルメソセラピーとは?

メソセラピーは、部分痩せしたい場所に脂肪溶解薬剤を注射により注入し、脂肪を取り除く方法なので、脂肪吸引と比べて体に対する負担を大幅に軽減できる方法として注目されています。

しかしながら、針を使って患部に注入することによる痛み、腫れが生じます。個人差がありますが、注入後、アンパンマンのように腫れる場合があります。

その腫れ、内出血は1週間程度で元通りになるものの、仕事をしている人にとっては、1週間も会社を休むというのは現実的に難しいと思われます。

GWや夏休みなど、まとまった休みを取得できる直前に施術を受ける方が多いのはそのためです。

そこでノーニードルメソセラピーの登場となります。

まだ一部のクリニックでしか実施されていない方法ですが、針を使わず、レーザーと電気の力で脂肪溶解の薬剤を肌に浸透させて部分痩せ
を実現する方法として脚光を浴び始めています。

posted by メソセラピー at 09:31 | メソセラピー通信

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。